取扱業務

Practice area

法人のご相談

業種別のご相談

  • 運送・物流業
  • 建設業
  • 不動産業
  • 保険代理店
  • 医療機関、介護事業、保育業
  • 製造業
  • IT関連業
  • サービス業(飲食業、宿泊業、冠婚葬祭業、人材派遣業、美容業)
  • 士業

主なご相談

  • 契約トラブル(下請)、契約書、約款
  • 労務、労働問題
  • 不動産問題
  • 債権回収
  • 破産、再生
  • 取締役会、株主総会
  • コンプライアンス、締役の責任
  • 消費者トラブル(消費者保護法、特定商取引法、クレーマー対策)
  • 知的財産
  • 個人情報、マイナンバー

顧問弁護士とは

もしものときの迅速・的確な解決

問題発生を未然に防ぐ予防法務の徹底

貴社に最適な法務体制の構築

弁護士が企業経営に何をしてくれるのか,弁護士にいつ・何を相談したらよいのか,費用負担はどうなるのだろうか,このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また,弁護士と日頃から接していない企業からすれば,弁護士はトラブルが起きてから相談するものであり、日常的に相談する存在ではないと思われるかもしれません。

ですが,これまで様々な相談を担当してきましたが、ほぼ共通してあてはまることは「トラブルが発生・拡大する前にご相談をいただいていれば、未然に防ぐことができた・より小さい被害で抑えることができた」ということです。

弁護士に相談するほどのトラブルは起きていない、そう思われるかもしれません。

それでは,このようなことでお悩みになったことはないでしょうか。

  • この契約書で自分に有利なところ・不利なところがどうなっているのか?サインして問題はないか?
  • 取引先が代金を支払ってくれないが、どう回収したらよいか?
  • インターネットで頒布されている契約書・書式の雛形を使用しているが、問題はないか?
  • 勤務態度の悪い従業員にはどう対処したらよいか?ハラスメントなど社内トラブルにどう対応すればよいか?
  • 新規事業を始めたいが、法的リスクはないか?
  • 資金繰りが悪化しているが、どのように債務整理を図っていけばいいだろうか?

このような問題は,インターネット等で調べたとしても,その企業にとって最適の回答が見つかるわけではありません。また,トラブルが生じる可能性,トラブルの解決に必要なコストなどは弁護士でなければ見通しを立てることは難しいです。

したがって,このような場合にこそ、弁護士に相談することが必要になりますし,できる限り早期にご相談されることで,よりリスクを最小化した企業経営を行うことができると考えます。

当事務所では、顧問先企業には無料相談枠を設け、他のご相談よりも優先して相談対応する制度を設けることは当然として,複数の弁護士が担当することで,電話やメールでのご相談にも速やかに対応できる体制を整えています。

さらに,役員会・取締役会に出席したり,定期的に顧問先企業を訪問する機会を設けることで,企業経営に関するコミュニケーションを増やしています。

当事務所は,顧問サービスを通じ,より顧問先企業にとって迅速・的確な問題解決の実現予防法務の徹底に取り組み,リスクを最小化しつつ,企業理念・企業戦略の実現を支える最適な法務体制構築の実現を目指します。

お悩みのことがあれば、まずはお気軽に、お早めにご連絡ください。

詳しい顧問サービスの内容に関しては,下のページをご覧下さい。また,サービスに関するご不明点についても,お気軽にお問い合わせ下さい。